« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

昼間は暑くてたまりません

朝(6時頃)は結構涼しく散歩には適です。(そんな朝でも散歩は最短!)

ここ数日、昼間はたまらない暑さです。午前中、アルは1階の涼しいところで倒れてます。
この頃玄関のタイルの上が好きですね〜。


先週梅雨の終わりにきれいに磨いたデッキは 汚れも塗料も取れてサラサラ。(この後、補修してワックス塗りが待っているthink

夕方になると風が吹き始めるので、アルはここで夕方を過ごします。

デッキは2階なので隙間から風が吹き上がってくるので、涼しいのです。
クーラーをつけないでいると、あきらめてここに行きます。


カメラを近づけると何となく意識してます。

Dscf4005a

サッシの枠が冷たいからでしょうか、枠にあごを乗せていたり、顔をひっつけて寝たりしています。


Dscf4006a

「ふん」(鼻からミストをを出しながら)
鼻息が聞こえそう。
Dscf4007a

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クーラーのきいた部屋にて

夕食後、椅子の上でお兄ちゃんと遊びました。happy01


ここのところかなり暑かったため、さんぽも最短だし、家の中でもほとんどバテているアルです。think
部屋の中をうろうろしたり、おもちゃで遊ぶのも、涼しくなる夕方からです。


今日は夕方雨が降ったため、涼しくなり、クーラーが効いてきました。

すると急に元気になり、お兄ちゃんと久しぶりにじゃれました。o(*^▽^*)o

Dscf3984b

こうやって、お兄ちゃんの耳をなめるとか・・・

Dscf3986b

これ見たら完璧に襲っていますよね。

ふたりでばったばったと動き回っておりました。

Dscf4001b

本当に久しぶりに動いたのを見ましたよ。

今は疲れたのか、大いびきです。sleepy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山口に行ってきました。

この数日とっても暑い毎日だったので、アルはひたすらクーラーの下で寝てばっかりです。車での移動も相当疲れたようでした。(;ω;)

夜クーラーの効いていない(窓を開けただけの)部屋に連れて行くと珍しく吠えるので、初めてみんなと同じ部屋に寝ました。クーラーあり、ゲージなし。 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

ちょっと心配でしたが(昨年は色々かじった)眠気の方が強かったので、決定!
朝方暑かったと見えてうろうろし始めましたが、窓開けの部屋の方が朝方は涼しかったとみえて、すんなりゲージに移動です。

山口でしか見かけないおもちゃを買いました。とっても気に入っている様子です。
Dscf3966a


Dscf3967a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日 蒸し蒸し しています

それでなくても散歩は嫌いなアル。することが済んだら、「さっ、帰ろうか」お帰りモードです。

最短の家の周辺1周です。


この時期人間でも暑くて、散歩から帰ると汗が噴き出るくらいだから、仕方ないか。

家の中ではクーラーの真下で指しゃぶりしながら、ガーガーいびきをかいてます。

Dscf3927a


アルちゃん〜
「ん〜」
Dscf3934a


「何?」

Dscf3936a


「眠い〜」
Dscf3938a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から7月、早いな〜

今年は花が変です。

紫、大輪の胡蝶蘭は2月くらいから咲き始めたのですが、花の咲いている枝から2又に枝が伸びそこに花がびっしりついています。まだ、咲いているのです。11月には咲いていた白い胡蝶蘭は、やはり2又に枝が伸び、今はそれがびっしり花をつけて残っています。でももう半年以上咲いているから、切って花瓶に挿した方がいいでしょうね。

今年はさくらんぼがすっごいたくさんの実をつけまして、鳥に食べられてもまだ余りあるほどでした。
そしたら、6月始めに急にしおれ始めて、あれよあれよという間に葉が全部落ちました。!!(゚ロ゚屮)屮

根本がこぶのようになっていたのでよく見てみると、カナブンの幼虫がいっぱい食らいついて根っこはない状態。

選定を頼む植木屋さんに「今年はいっぱいなったのに・・・」と言うと、植木屋さんが「あーそうですか、それならダメかもしれんね〜」


「植物は自分が死にそうなときには、いっぱい実をつけて種を残そうとするからね。」

そして一気に枯れることがあるとか。Σ( ̄ロ ̄lll)自然はすごい!
家のサクランボもぎりぎりだったんだろうな、

実をつけ始めた頃のサクランボ
Dscf3755b

デンドロディウムも再びつぼみがつき始めてまた咲いてます。
春咲いて、2ヶ月後に咲いたのは初めて。

変です・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »